読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

復興ログ

未来の被災地にいるアナタと数十年後のキミたちへ。すべての記録を残します。

新生 石巻にて

こんにちは!石森です。

石巻に帰って来てから2週間でたくさんの方とお会いしました。

  • 東京で会った方
  • ボランティアの方
  • 街づくりをしている方
  • 商店街のみなさん

5年ぶりに帰って来た石巻は震災の復旧フェーズを乗り越えて「街づくりコミュニティー」に参加できる暖かい街になっていました。

また、街づくりに取り組むみなさんは、出身問わず、新生 石巻を作り出そうとしています。

石巻のおもしろいところは何ですか?と聞かれることがあったら。「街づくりコミュニティー」と答えると思います。

 

川開き祭り

写真は川開き祭り(8月1日)で花火が上がる5分前のサルコヤ前の写真です。

f:id:hebita164:20120801191314j:plain

平日にも関わらず、たくさんの人が出はっています。

 

新生 石巻で街づくりをするにあたって。

復興フェーズが遷移する度に、課題の確認が必要になると思います。これは、被災問わず、どんな街にもあることだと思うのですが、被災地の場合にはその課題の察知や認知を街全体で素早く行っていかなくてはなりません。

街に住んでみて分かること。生きてみて感じることがたくさんあると思うのです。

 

石巻復興プロジェクト

東京では、プロジェクト内外問わず、たくさんの方から、石巻マルシェでお世話になりました。今の東京での支援活動と石巻での復興活動は異なる活動だと理解しながらも、その活動の違いに自分自身の気持ちの整理がつかないためにプロジェクトを抜けて活動をお休みすることにしました。ここで、活動を抜けることでたくさんの方にご迷惑をおかけすることになると思うのですが、大変申し訳ございません。サイトのリニューアルデザインまでは完成させることにしています。また、皆様の期待に応えることが出来ずに申し訳ございません。新生石巻が目の前に存在しているので、石巻にいながら、東京の地の復興支援活動を思うのは、少々、いづいのだと思います。

復興のログを残すことだけは、石巻復興プロジェクトのメンバーに約束したので、掲載場所は考えつつも、ブログを使って記録を残していきます。

 

今回、プロジェクトを抜けることで、プロジェクト内外の方にご迷惑をおかけすることになってまうことに重ねてお詫びをいたします。申し訳ございませんでした。

 

8月18日(土)からリニューアルオープンする新生石巻マルシェも、どうぞよろしくお願いいたします!

広告を非表示にする