復興ログ

未来の被災地にいるアナタと数十年後のキミたちへ。すべての記録を残します。

遊学の旅 〜名古屋編〜

 名古屋を訪問しました。日本の三大都市圏といえば、東京圏、大阪圏、名古屋圏ですが、名古屋にはなかなか行く機会がないと思い、はじめて行きました。

東京と大阪に続く都市圏域だから大きいな街だよねというイメージだったのですが、割りと静かな印象を受けました。

こんな話を聞いたことがありました。メモ。

どこの田舎にも?都会に対するコンプレックスってきっとあるんじゃないかなと思うんです。石巻の場合は仙台に。もしくは東京に。

それが実感できたわけではありませんが、大阪へも東京へもアクセスしやすいですよね。

 

ということで、名古屋といえば、

f:id:hebita164:20150606130900j:plain 

 

名古屋城

 

 

f:id:hebita164:20150606124203j:plain

 

f:id:hebita164:20150606123753j:plain

この石垣なのですが、上部が外側に反りだすいわゆる「扇勾配」になっており、石の重みや圧力が、たくみに分散されるため、はらみにくく美しく見えるのだそう。

天守台の石垣は「加藤清正」が作り、この作りは清正が得意とした作りなのだそうです。

f:id:hebita164:20150606123301j:plain

 

f:id:hebita164:20150606133854j:plain

 こちらが加藤清正。

f:id:hebita164:20150606123132j:plain

 名古屋城といえば「金鯱」ですよね。

 

f:id:hebita164:20150606130138j:plain

 天守閣からは駅の方面のトヨタ名古屋オフィスも。

 

 大須商店街

f:id:hebita164:20150606142556j:plain

 

f:id:hebita164:20150606142655j:plain

 近年、再開発を頑張っているのが、この大須商店街なのだそうです。

確かに、街の中を若い人が行き来していてたし、街並みの新しさとともに、商店街の古いお店のバランスがとてもよい形で共存しているように見えました。

 

今度は、ゆっくり、名古屋をまわってみたいと思いました。

 

広告を非表示にする