読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

復興ログ

未来の被災地にいるアナタと数十年後のキミたちへ。すべての記録を残します。

.vimrcの設定

UTF-8EUC-JPが混在した環境をいじっていたら、ファイルのエンコーディングがわけわからなくなったので。
.vimrcをカスタマイズしてみました。
参考にしたエントリーは以下の二つです。

.vimrc

"----------------------------------------------------
" 基本的な設定
"----------------------------------------------------
" viとの互換性をとらない(vimの独自拡張機能を使う為)
set nocompatible
" 改行コードの自動認識
set fileformats=unix,dos,mac
" ビープ音を鳴らさない
set vb t_vb=
" バックスペースキーで削除できるものを指定
" indent  : 行頭の空白
" eol     : 改行
" start   : 挿入モード開始位置より手前の文字
set backspace=indent,eol,start

"----------------------------------------------------
" バックアップ関係
"----------------------------------------------------
" バックアップをとらない
set nobackup
" ファイルの上書きの前にバックアップを作る
" (ただし、backup がオンでない限り、バックアップは上書きに成功した後削除される)
set writebackup
" バックアップをとる場合
"set backup
" バックアップファイルを作るディレクトリ
"set backupdir=~/backup
" スワップファイルを作るディレクトリ
"set directory=~/swap

"----------------------------------------------------
" 検索関係
"----------------------------------------------------
" コマンド、検索パターンを100個まで履歴に残す
set history=100
" 検索の時に大文字小文字を区別しない
set ignorecase
" 検索の時に大文字が含まれている場合は区別して検索する
set smartcase
" 最後まで検索したら先頭に戻る
set wrapscan

" インクリメンタルサーチを使わない
"set noincsearch
" インクリメンタルサーチ
set incsearch

"----------------------------------------------------
" 表示関係
"----------------------------------------------------
" タイトルをウインドウ枠に表示する
set title
" 行番号を表示しない
set nonumber
" ルーラーを表示
set ruler
" タブ文字を CTRL-I で表示し、行末に $ で表示する
"set list
" 入力中のコマンドをステータスに表示する
set showcmd
" ステータスラインを常に表示
set laststatus=2
" 括弧入力時の対応する括弧を表示
set showmatch
" 対応する括弧の表示時間を2にする
set matchtime=2
" シンタックスハイライトを有効にする
syntax on
" 検索結果文字列のハイライトを有効にする
set hlsearch
" コメント文の色を変更
highlight Comment ctermfg=DarkCyan
" コマンドライン補完を拡張モードにする
set wildmenu

" 入力されているテキストの最大幅
" (行がそれより長くなると、この幅を超えないように空白の後で改行される)を無効にする
set textwidth=0
" ウィンドウの幅より長い行は折り返して、次の行に続けて表示する
set wrap

" 全角スペースの表示
highlight ZenkakuSpace cterm=underline ctermfg=lightblue guibg=darkgray
match ZenkakuSpace / /

" ステータスラインに表示する情報の指定
set statusline=%n\:%y%F\ \|%{(&fenc!=''?&fenc:&enc).'\|'.&ff.'\|'}%m%r%=
" ステータスラインの色
highlight StatusLine   term=NONE cterm=NONE ctermfg=black ctermbg=white

"----------------------------------------------------
" インデント
"----------------------------------------------------
" オートインデントを無効にする
"set noautoindent
" タブが対応する空白の数
set tabstop=4
" タブやバックスペースの使用等の編集操作をするときに、タブが対応する空白の数
set softtabstop=4
" インデントの各段階に使われる空白の数
set shiftwidth=4
" タブを挿入するとき、代わりに空白を使わない
set noexpandtab

"----------------------------------------------------
" 国際化関係
"----------------------------------------------------
" 文字コードの設定
" fileencodingsの設定ではencodingの値を一番最後に記述する
set encoding=utf-8
set termencoding=utf-8
set fileencoding=utf-8
set fileencodings=ucs-bom,euc-jp,cp932,iso-2022-jp
set fileencodings+=,ucs-2le,ucs-2,utf-8

"----------------------------------------------------
" オートコマンド
"----------------------------------------------------
if has("autocmd")
    " ファイルタイプ別インデント、プラグインを有効にする
    filetype plugin indent on
    " カーソル位置を記憶する
    autocmd BufReadPost *
        \ if line("'\"") > 0 && line("'\"") <= line("$") |
        \   exe "normal g`\"" |
        \ endif
endif

"----------------------------------------------------
" その他
"----------------------------------------------------
" バッファを切替えてもundoの効力を失わない
set hidden
" 起動時のメッセージを表示しない
set shortmess+=I




"----------------------------------------------------
" 独自設定
"----------------------------------------------------
" スクロール時の余白確保
set scrolloff=5
" 他で書き換えられたら自動で読み直す
set autoread
" 行番号表示
set number

" インデント
set autoindent
set smartindent
set cindent
set noexpandtab " タブをスペースに展開しない

" コマンド補完を開始するキー
set wildchar=<tab>

set whichwrap=b,s,h,l,<,>,[,]  " カーソルを行頭、行末で止まらないようにする

" キーバインド関係
" 行単位で移動(1行が長い場合に便利)
nnoremap j gj
nnoremap k gk

" カレントウィンドウにのみ罫線を引く
augroup cch
  autocmd! cch
  autocmd WinLeave * set nocursorline
  autocmd WinEnter,BufRead * set cursorline
augroup END

vimはとっても奥が深い・・・

広告を非表示にする